渡辺徹 大動脈弁狭窄症を発症し手術へ 6、7月の舞台「ハリネズミ」全公演中止




俳優の渡辺徹写真=59)が、大動脈弁狭窄症と診断され6、7月に出演予定だった2人芝居「ハリネズミ」の全公演を中止することが27日、分かった。

★所属する文学座は「公演を楽しみにしてくださっていた皆様、並びに出演者、関係者の皆様には多大なるご迷惑とご心配をおかけいたしますことを、謹んでお詫び申し上げます」と謝罪。「ご迷惑をおかけしたにもかかわらずご厚情を賜りましたこと、心より感謝申し上げます」とコメントした。

渡辺は16日、急性気管支炎になったことが発表され、ミュージカル「アリージャンス〜忠誠〜」の名古屋公演(17、18日)を休演し、22日に大阪公演(23〜25日)を降板。今回中止となった「ハリネズミ」はジャニーズ事務所の俳優、内博貴写真=34)との2人芝居で6月10日開幕の東京公演後、新潟、兵庫など全国を巡る予定だった。

大動脈弁狭窄症は心臓の出口である大動脈弁が硬くなり、心臓から全身に血液がスムーズに送り出せなくなる疾患。渡辺の手術日などは未定。

渡辺は12年に虚血性心疾患で心筋梗塞となり、手術を経験しているだけに、妻の榊原郁恵写真=61)も心配しているに違いない。


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 21/5/3 00:14 iPhone
ようは太りすぎたってことでしょ?

#2 匿名@芸能ニュース 21/5/5 13:22 iPhone
うちの爺ちゃんは太めで糖尿病。酒タバコはやらないけど医者の言うことを聞かず大好きなスイーツを毎日ムシャムシャ食べてるのに合併症はもちろん大きな病気とは全く縁が無いまま85歳になってる。

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理