前田敦子、スニーカーベストドレッサー賞で離婚協議報道後初の公の場




元AKB48の前田敦子(29)が22日、最もスニーカーが似合う・履いてほしい有名人を選ぶ「スニーカーベストドレッサー賞2021」の女優部門に選出され、東京都内で行われた授賞式に登壇した。

★前田はショートカットの髪にピンクのスニーカーを合わせて登場し、「スニーカーは本当に好きで、AKB時代もレッスン時はスニーカーでしたし、学生時代もスニーカー。今、母になっても毎日スニーカーは欠かせません。人生の中で相当スニーカーを履いてきたので、今回選んでいただき本当にうれしいです」と受賞の喜びを語った。

昨年の緊急事態宣言中に長男が歩けるようになったといい「お散歩で初めてスニーカーを履かせて一緒に歩いた思い出がありますね。おそろいがいっぱい売っているので、買っちゃいますよね」と母の顔ものぞかせた。

18年7月に俳優の勝地涼写真=34)と結婚したが、今年になって離婚協議に入っていることが明らかに。元々、イベントなどで結婚指輪をしない日が多いが、この日も左手薬指に指輪はなかった。長男はまもなく2歳の誕生日を迎える。


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 21/2/23 09:25 CA003
芸能人は周りが別れさせたがる  いやなら芸能界完全引退しかない

#2 匿名@芸能ニュース 21/2/24 04:36 P07B
業界のプロモーションイベントの一環でしょ?

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理