乃木坂・齋藤飛鳥 中国最大のSNS「WEIBO」の賞で2冠…SNSで大事なことは「定期的な生存確認」




乃木坂46の齋藤飛鳥(22)が4日、東京都内で開催された、中国最大のSNS「WEIBO(ウェイボー)」で活躍し中国で大きな影響力を持つ俳優やアーティストなどを表彰する「WEIBO Account Festival in Tokyo 2020」に出席した。

★グループで「人気女性アイドルグループ賞」、個人で「話題タレント賞」に選ばれて初の2冠達成。イベントは「WEIBO」が中国で毎年開催している「WEIBO NIGHT」の海外版で、日本では3回目の開催となる。

ネットを活用するうえで心掛けていることを聞かれた齋藤は「もともとSNSも全然やってないですし、(乃木坂の)公式のブログも正直、更新頻度が低すぎてファンの方に怒られたりしているぐらいなので、マメではないんですけど…」と恐縮しつつ、「ちゃんと定期的に生存確認(の投稿)をするのが大事かなと思います」と苦笑いで語った。

また、今まではグループアカウントのみだったが、個人のアカウントを開設することも報告した。


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 21/2/5 18:46 CA003
中国は言論を厳しくチェックしていて、ツィッター・フェイスブック等々西側SNSを遮断している  日本人が選ばれたのも政治的判断で日本政府に対する忖度? 

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理