綿引勝彦さん、昨年12月に膵臓がんのため死去 75歳




俳優の綿引勝彦さん(写真)が昨年12月30日午後0時54分に膵臓がんのため、東京都内の病院で亡くなっていたことが13日、分かった。75歳。所属事務所が報道各社に書面で発表した。

★18年8月に膵臓内の嚢胞を取り除く手術を行った際に、進行性のがん細胞が見つかり、翌19年12月に肺への転移が認められ、昨年の2月から本格的な化学療法を始めたが寛解に至らず、11月に積極的な治療を打ち切っていた。

その後、自宅で療養を続けたが、12月25日未明、容態が急変し再入院。最期は眠りについたまま穏やかに息を引き取ったという。

綿引さんは、昨年4月に女優の岡江久美子さん(享年63)が新型コロナで亡くなった際にコメントを発表。所属事務所を通じ「『天までとどけ』で足かけ10年にわたり共演させていただきました。子供たちを含め、今でも本当の家族のように思っているので、今はただただ切なくてつらいです。心よりご冥福をお祈りします」と悲しみに暮れていた。

そんな岡江さんが天国に旅立って約9カ月。綿引さんも帰らぬ人となってしまった。


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 21/1/14 13:17 (KHTML,
俺が無知なだけだが奥さんが樫山文枝だと初めて知った

#2 匿名@芸能ニュース 21/1/14 21:26 iPhone
天までとどけのお父さん役大好きでした!安らかに眠ってください。

#3 匿名@芸能ニュース 21/1/15 04:50 iPhone
CMで「ピカチュウ〜!」と絶叫するコミカルさも大好きやったな…合掌。

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理