深川麻衣、主演映画で笑顔禁止令 熊澤監督がざんげ「怒ってなきゃいけないので」




元乃木坂46で女優の深川麻衣(29)が13日、東京都内で主演映画「おもいで写真」(29日公開)完成報告会見に同じ事務所の高良健吾(33)香里奈(36)と登壇した。

★同作は所属芸能事務所テンカラットの25周年企画映画。2度目の映画主演となった深川は「無事にこの日を迎えられてうれしいです。無事公開が決まり、早くみなさんの感想を聞いてみたいなって思います」とあいさつ。

高良と香里奈に挟まれ「先輩でもあり、お兄ちゃんやお姉ちゃんのよう。安心します」とうれしそうな表情に。香里奈は「年齢的には年下だし、妹的なんですが、すごくしっかりしている部分もある。頼りにしてました」と称えると、高良も「しっかりしてました。現場での部分は僕が1番、近くで見ていたので」と立ち居振る舞いを称賛した。

同作は、熊澤尚人監督(53)のオリジナルストーリー。東京で夢に破れた女性が祖母の死をきっかけに帰郷し、お年寄りと触れあうことで人生に希望を見いだす、心温まる人間ドラマを描く。

熊澤監督は「深川さん演じる結子は笑っちゃダメなんですよ…。いつも怒ってなきゃいけないので。なので深川さんの笑顔を禁止にした」と裏話をぶっちゃけ。“聖母”という異名を取るほど柔和な存在の深川に対し「毎日のように『笑ったよ』『笑っちゃダメだよ』と言った。すみませんでした」とざんげし、深川は「いえいえ」と恐縮しっぱなしだった。


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 21/1/14 12:18 (KHTML,
ちゃんまい??????

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理