リンガーハット、内村航平との所属契約の継続を断念 コロナ禍の業績悪化で




外食チェーンの「リンガーハット」は12日、体操男子の内村航平写真=32)との所属契約について、昨年12月31日で継続を断念したことを発表した。新型コロナウイルス禍での「想定をはるかに上回る業績悪化」が理由としている。

★当初は21年12月末までの契約とされていたが、新型コロナの影響で取り巻く環境は厳しく、苦渋の決断となった。

コロナ禍でアスリートが契約解除されるケースは数あれど、内村クラスのトップ選手が契約満了を待たずに終了するのは異例中の異例。

内村は自身のSNSで「21年からはリンガーハットの所属ではなくなります」とし、「リンガーハットさんには、プロ転向から今までの4年間サポートしていただき、本当に感謝しています。ありがとうございました。現在コロナの状況はとても厳しいですが、引き続き感染対策をしながら体操を頑張ってまいります」とコメント。

知名度のない選手が金銭的苦境に立たされる流れは加速する一方で、スポンサー企業の社員から「アスリートに支援している場合じゃない」という声が出ても不思議ではない状況だ。(東スポなど)


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 21/1/13 09:06 CA003
日本沈没

#2 匿名@芸能ニュース 21/1/13 16:57 AppleWebKi
外食店は斜陽産業

#3 匿名@芸能ニュース 21/1/13 19:49 (KHTML,
山岡家はコロナ禍でも相変わらず大繁盛してるよね(^_^ ;)

#4 匿名@芸能ニュース 21/1/14 20:20 N03D
クラスター山岡屋か

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理