藤井聡太七段「次戦も何とか気負わずに臨みたい」2連勝で棋聖戦奪取に王手




将棋史上最年少棋士・藤井聡太七段(写真=17)が28日、東京都渋谷区の将棋会館で指された第91期ヒューリック杯棋聖戦5番勝負第2局で先手の渡辺明棋聖(写真=棋王、王将=36)を90手で下し、2連勝。初タイトル獲得へ一気に王手を掛けた。

★渡辺3冠のタイトル防衛戦の開幕2連敗は、17年の第30期竜王戦で挑戦者の羽生善治九段(写真=49)に喫して以来。

藤井七段は7月9日の第3局(東京・都市センターホテル)に勝てば17歳11カ月でのタイトル獲得となり、90年に18歳6カ月で棋聖を獲得した屋敷伸之九段(写真=48)の最年少記録を約6か月上回る。


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 20/6/29 08:31 CA003
将棋棋士が芸能人扱いだな?

#2 匿名@芸能ニュース 20/6/29 12:28 (KHTML,
頑張って

#3 匿名@芸能ニュース 20/6/29 15:04 iPhone
藤井さんは若くて強いという特別な要素があるから芸能人並みに騒がれても仕方ないんじゃない

#4 匿名@芸能ニュース 20/6/30 10:20 (KHTML,
羽生だって若い時から極強だったからめちゃくちゃ騒がれていた

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理