下北沢“演劇の聖地”本多劇場が6月に無観客配信公演「DISTANCE」開催 柄本時生ら出演




「演劇の街」として知られる東京・下北沢にある本多劇場が6月1日から7日まで一人芝居の無観客配信公演「DISTANCE」を行うことを発表した。

★再開第1弾として、下北沢ゆかりの柄本時生ときお=30)、元乃木坂46・井上小百合(写真=25)、入江雅人(写真=57)らが日替わりで出演。劇場における演劇再開の第一歩として注目される。

ここには昔、劇場があった―  荒廃した劇場に、清掃員がいる。彼らは「演劇」が上演されていた劇場を懐かしみ、今は機能を停止している全国の劇場を掃除して回っている。この日やってきたのは、下北沢・本多劇場。昔はたくさんの演劇が行われていたらしい。

ふと、清掃員が日記を拾い上げる。そこには、人と人とが距離をとらなければいけなかった時代の、それでも演劇を続けた人々の記録がつづられていた…というストーリー。 チケットは前売・当日2500円(税込み)。27日正午からイープラスで発売される。

本多劇場グループの本田慎一郎・総支配人は「今できることをやりながら私たちは前に進みたいと思います」とコメント。無観客配信からスタートして、通常公演まで様々な手法を探っていく。


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 20/5/21 12:59 iPhone
がんばれ!

#2 匿名@芸能ニュース 20/5/21 15:48 iPhone
劇場って映画より感激した記憶があるんだが 配信には絶対に向かない 観客席を1メートル以上の間隔を空け、空調設備を整えた劇場にするしかないだろうな

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理