山崎賢人、無観客で主演映画完成イベント「お客さんのいない劇場は本当に寂しい」




俳優の山崎賢人(25)が25日、東京・丸の内ピカデリーで主演映画「劇場」(行定勲監督、4月17日公開)の完成記念イベントに出席した。

★この日のイベントは、新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴い、無観客で行われた。山崎、松岡茉優(25)、寛一郎(23)、原作小説を書いた又吉直樹(39)、行定監督は約800席ある椅子に座りながらのトークとなった。

山崎は「本当にいい作品になった。お客さんに見ていただきたかったんですが、ご時世で…。映画の魅力を伝えられるように頑張ります」とあいさつ。

松岡も着席するなり「不思議な気分だわ〜!」と驚いた表情を浮かべた。ステージ上にいる報道陣を座席からキャストが見ている体制になるため、又吉は「こういう演劇あったらおもしろそうですね」としみじみ会場を見渡していた。

同作は、芥川賞受賞作家・又吉による恋愛小説の実写化作品。劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼に恋をして必死に支えようとする沙希(松岡)の、生涯忘れることができない恋を描いた物語となっている。


←前   次→

この記事について一言

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM