栗山千明 所属事務所を退社、独立「30年にわたるご指導」に感謝




女優の栗山千明写真=35)が23日、新たに開設したツイッターで、所属事務所「スペースクラフト」を退社したことを報告した。

★「このたび、私、栗山千明は所属していました事務所、スペースクラフト・エンタテインメント株式会社を円満に退社し独立する運びとなりました」と報告。「幼く何も分からない私を30年にわたりご指導いただきました事務所関係者様には感謝しかありません」と投稿した。

今後については「自身で考え自身の力で努める所存です。皆様のこれまでのご支援に感謝申し上げるとともに、今後ともご支援のほど宜しくお願いいたします」と決意を示した。関係者は個人事務所を立ち上げるようだと説明した。

4月11日スタートのBSテレ東のドラマ「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻Season2」(土9)の主演が決まっている。関係者は予定通り出演するとした。

栗山は99年、映画「死国」で女優業を本格始動。米映画「キル・ビルVol.1」で女子高生の制服姿で主演ユマ・サーマンと戦う個性的なキャラクターを演じ、話題になった。


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 20/3/24 10:25 iPhone
5歳から働いてたんだね。しかも結構際どいのも…。これからも応援します。

#2 匿名@芸能ニュース 20/3/24 11:12 (KHTML,
エラがあったほうが綺麗だった

#3 匿名@芸能ニュース 20/3/24 11:44 iPhone
↑削ってもやっばり美人なんだけど、エラがあった時の方が特徴のある美人だったよね!

#4 匿名@芸能ニュース 20/3/24 12:02 CA003
お世話になりました。これからもよろしくお願いします。

#5 匿名@芸能ニュース 20/3/24 13:11 (KHTML,
エラは削らないよ。筋肉だからボトックス注射だよ

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理