22年夏「ハリポタ」専用劇場が赤坂に誕生 舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」日本上陸




世界中で大ヒット上演中の話題の舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」が22年夏、日本人キャストで上演されることが決定した。

TBSとホリプロは13日、東京・赤坂のTBS赤坂ACTシアターをハリーポッターの世界観に合わせて大規模改修し「ハリポタ」専用劇場に。世界中で大ヒットしている舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」を無期限上演すると発表した。

ハリー・ポッターシリーズ最終巻の19年後を描いた作品で、3人の子どもがいるハリーと、有名人のハリーの息子であることに葛藤を抱く次男・アルバスやその友人関係などを描く。2部構成で、1部は約3時間。日本人キャストで、すべてオーディションで選ぶ予定という。


←前   次→

この記事について一言

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM