鈴木亜美、友人が着用するパーカーを“追い剥ぎ”貧乏暮らしの幼少期を告白




歌手の鈴木亜美写真=37)が、1日放送の日テレ系「誰だって波瀾爆笑」に出演。子供の頃の極貧ぶりと「パーカー追い剥ぎ」のエピソードについて語った。

★5人家族ながら6畳2間の社宅で育ったという鈴木。父が「元ヤンチャ」で5度の転職を繰り返し、貧乏生活を強いられていた幼少期を振り返り「お風呂のお湯を3日間替えない」「中華定食店で2杯の広東めんを家族5人で分けて食べるのが月に1度の贅沢」「親友の誕生日プレゼントに自身がもらったものを横流し」などのエピソードを明かし、スタジオの驚きを誘った。

また、小学校時代には男子がたむろしている駄菓子店の前を通りかかった際、その中に思いを寄せている男の子を発見したものの、ヨレヨレのTシャツなど「私の中でもレベル1くらいの、一番最低な」服を着ていた鈴木。

この格好を見られたら一大事と友人が着ていた「新品でかわいいピンクのパーカー」を貸してくれるよう懇願。気おされた友人からパーカーを渡され、それを腰に巻いておしゃれを気取り、その場をやり過ごしたという。

また、現在、第2子妊娠中であることが明かした鈴木だが、夫との出会いは「ナンパです」と告白。友人とシンガポールに旅行していたところ、「日本人の方ですか」と話しかけられたことがきっかけ。「すごい優しい声で、悪くない」と感じた鈴木。そのまま帰国前に告白され交際を開始したと明かした。


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 19/12/2 09:05 iPhone
そんな家族だから事務所とお金で揉めたんだね

#2 匿名@芸能ニュース 19/12/2 11:17 (KHTML,
整形前は不細工だね。

#3 匿名@芸能ニュース 19/12/2 18:46 (KHTML,
シンガポールで遊びのセックスのはずがハマってしまったんだな

#4 匿名@芸能ニュース 19/12/3 01:04 wv)
すげーどうでもいい話…

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理