高畑充希がアーモンドアイで勝負して見事的中!「本当にうれしい」




第160回天皇賞・秋・G1が10月27日、東京競馬場で行われ、19年JRA年間プロモーションキャラクターの女優、高畑充希(27)が、トークショーにゲストとして出演し、天皇賞・秋の表彰式プレゼンターを務めた。

★「今年は夏の七夕賞で福島競馬場へ伺いましたが、東京競馬場に来たのは昨年の日本ダービー以来でした。牝馬(雌馬)最強とお聞きしたので、天皇賞・秋の馬券は1枠2番アーモンドアイで勝負しました。結果は見事に当てることができました! 本当にうれしいです。競馬場内の歓声もすごく、約10万人ものファンの皆さんと一緒に観戦することができてよかったです」とのコメントも発表。

昨日のレース(芝・2000メートル)では後続を3馬身ちぎる圧倒的な強さを見せつけた。並みいる男馬を蹴散らす最強牝馬にスポーツ新聞では「もはや畏敬の対象」との見出しが打たれた。

アーモンドアイ(4歳)は18年の年度代表馬。主な勝鞍は18年の桜花賞、優駿牝馬、秋華賞、ジャパンカップ、19年のドバイターフ、今回の天皇賞(秋)と史上5頭目の牝馬三冠馬。昨年のジャパンカップでは芝・2400メートルの世界レコード(2分20秒6=動画)を叩き出すなど競馬ファンを驚愕させた。

そのアーモンドアイ人気で天皇賞(秋)の売り上げは215億7334万7900円で対前年比117・6%とアップ。東京競馬場の入場人員は10万3920人で107・5%とこちらもアップした。


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 19/10/28 09:32 AppleWebKi
前半がハイペースで後半に3馬身ちぎる タイムは芝2000のレコードに0.1秒届かなかっただけ 女馬なので2キロ斤量が少ないメリットはあるもののタイムだけ見れば男馬のディープインパクトより上だよな もともと480キロと440キロの小柄なディープより大柄だし

#2 匿名@芸能ニュース 19/10/28 11:18 iPhone
普通の猫にサーバルキャットのエンジンを積んでいる感じで排気量が違う 人間の男女は身体能力にかなり差があるのは否めないが馬はそれほどない 子どもが生まれても限界があるし確実に勝つとは言えず 血統をつなげるY遺伝子を持たないのが悔やまれる

#3 匿名@芸能ニュース 19/10/28 11:51 PC
韓国ではダートコースしかないんだが芝コースも作ってるとのこと。まあ招待レースで(今年は日本馬の出場禁止)アーモンドアイを見せてもいいが15馬身はちぎられるのではww 賞金が安いので出ることはないだろうが

#4 匿名@芸能ニュース 19/10/28 23:53 iPhone
アーモンドアイ人気ないよね。有馬記念出るのかな

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理