佐藤健、「ほん怖」10年ぶり主演“恐怖体験”約束「自己責任でご覧いただけたら」




俳優の佐藤健写真=30)が、12日放送のフジテレビ系土曜プレミアム「ほんとにあった怖い話 20周年スペシャル」(午後9時〜)内のドラマパート「汲怨(きゅうえん)のまなざし」で主演を務めることがわかった。

★佐藤は「ほんとにあった怖い話 10周年記念 京都パワースポットツアーSP」内で放送された「顔の道」(09年)以来10年ぶりの同シリーズ出演。今回、佐藤は公園で見かけた血のような眼を持つ不気味な女に付きまとわれる父親役を演じる。

ある晩、ベッドで背中に何かがピタリと張り付いてくるような気配を感じる。妻のあすかかとも思ったが、あすかは目の前にいる…。おそるおそる背後を振り返ると、そこには血のような眼を持つ不気味な女が…

佐藤はこの10年でイケメン俳優から若手実力派へと成長。「今回の“汲怨のまなざし”は怖すぎて、もしかしたらフジテレビさんに苦情が殺到するかもしれません(笑)僕自身は責任を取れないので、自己責任のもとでご覧頂けたらと思います(笑)」と注意喚起。「怖いというだけではなく、しっかりとしたストーリーもありますので是非お楽しみに!」と呼びかけている。


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 19/10/5 10:49 (KHTML,
おい!!良太郎!!最初っから最後までクライマックスだぜ!!

#2 匿名@芸能ニュース 19/10/5 21:20 F07F
やりちんターケル♪ たとえ幽霊でも、女を見れば瞬間ボッキング♪ ヘイ!ランラランララララ…♪

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理