ピエール瀧の出演映画「ロマンスドール」が来年正月に公開決定…撮り直しはせず




麻薬取締法違反で、6月18日に懲役1年6月、執行猶予3年の判決が言い渡された俳優のピエール瀧(写真=52)が出演する映画「ロマンスドール」について、再撮影は行わず2020年正月第二弾に公開されることが分かった。

★同名小説が原作で、感情表現が苦手なラブドール職人を、高橋一生写真=38)が演じ、蒼井優写真=33)がヒロインを務め、当初は今秋公開の予定だった。

瀧は高橋が勤めるラブドール生産会社の社長役を演じている。映画関係者によれば、「物語において重要な役割だが、出演時間は10分ほど。逮捕後に協議を重ねた結果、再撮影や編集は行わないことにしました」と、出演シーンはそのまま上映する決断に至った。


←前   次→

この記事について一言

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM