【夕刊】マツコ、『新しい地図』がテレビに出られないのは「中居や木村よりマンパワーがないから」




タレントのマツコ・デラックス(46)が「新しい地図」の3人を巡るジャニーズ事務所の“圧力”問題について「問題は圧力ではない」と意義を唱えています。(週刊文春)

★同誌では「新しい地図」の3人が圧力を受けたとされる様々な事例を紹介。 これらについてマツコは「それはさぁ、公正取引委員会が調べりゃ色々出てきますよ。だってテレビ局は使いたくないんだもん。SMAPだから使われていたわけで、SMAPじゃなくなった3人に魅力を感じますか。公取も暇よねぇって話ですよ」とピシャリ。

3人がテレビで活動できないことについては「テレビってそんな甘くないわよ。いち視聴者として、冷静に考えてみてよ」と記者をたしなめつつ、「もちろん忖度もあっただろうけど、どの業界だってあるわよ。あんたの所(文春)だって忖度してんだからさ。ただそれだけじゃ急に仕事はなくなりません。だって、あの3人はSMAPにいたからこそチヤホヤされていたんだから」と自論を展開した。

★SMAP解散後、稲垣が初めて生放送に出演したのがマツコがレギュラー出演している『5時に夢中!』(TOKYO MX)だった。 番組の反響は大きく、MXと稲垣の所属事務所カレンは、稲垣を準レギュラーとして起用することを検討したが、マツコの事務所がMXの担当者に「稲垣を出すならマツコは降板する」と申し入れ、話は頓挫してしまったという情報がある。

この件についてマツコは「一方的に私が妨害したみたいに書かないでよ。だって、稲垣吾郎が『5時−』に入って楽しいと思う? いち視聴者として冷静に見れば、旬かどうかわかるでしょう。あの3人は木村拓哉中居正広とはマンパワーが違うのよ。あの騒動直後の稲垣が出ることによって、あの番組が築き上げたカラーがどうなるか考えてよ。一つの色に染まっちゃうじゃない。当時なら中居正広木村拓哉でも断ってたわよ。そういうところを見ないで、公取が(出演)時間だけ調べれば、あの3人が使われてないですねってなるわけ。データ上で見たら違反かもしれないけどさぁ、結局は番組の判断なわけ」と事実を認めたうえで「向こう(カレン)は稲垣吾郎をコメンテーターにしたかったわけよ。しかも、私と一緒に組ませたがってたらしいんだけど、私は『若林史江以外、嫌です』っていう話よ」「あの3人を使うんだったら、キンプリ(King & Prince)を使いたいんですよ。分かるでしょう。それがテレビ。舐めるなって話です」と答えた。

▼マツコは日本財団パラリンピックサポートセンターの顧問であり、「新しい地図」の3人はスペシャルサポーターを務めています。両者の関係を考えるとマツコのコメントは忖度なしの素直な意見なのかもしれない。


←前   次→

この記事について一言

#23 匿名@芸能ニュース 19/8/2 17:31 iPhone
必死に三人をディスってる奴が居るな。ジャニ関係者かヲタかなんか知らんが痛々しいわ。

#24 匿名@芸能ニュース 19/8/2 18:30 (KHTML,
必死に地図を擁護してる奴いるな。地図オタクか。散々嵐に嫉妬して辛いのー?仕事なくて辛いのー?人気なくて辛いのー?忖度じゃなく需要がないんですよ。社会から孤立してるババアは現実見ようか

#25 匿名@芸能ニュース 19/8/2 19:27 iPhone
べつに地図を擁護なんてしてないけど。ただお前がみすぼらしいと言ってるだけだ。しかも俺は男だしwww

#26 匿名@芸能ニュース 19/8/2 20:22 (KHTML,
あらちっくす大喜びですね

#27 匿名@芸能ニュース 19/8/3 09:14 (KHTML,
三人揃っても一人分の魅力もない

次へ >
戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理