【夕刊】「新しい地図」への圧力問題、“主犯”は「嵐」の元マネージャー!?




元SMAPの稲垣吾郎(45)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(42)起用をめぐり、ジャニーズ事務所が圧力をかけた疑いがあるとして公正取引委員会から「注意処分」を受けていた問題(記事はこちら)について、発売中の「週刊文春」がその背景を報じている。

★同誌によると、公取委は「警告処分」を出したかったものの、ジャニーズサイドはメールや書類など、決定的な証拠を残していなかったことから、警告よりも軽い注意止まりになったという。

このニュースはNHKを皮切りにテレビ各局で報じられたが、ニュースの扱い方には大きな差があった。この期に及んでも“忖度”の姿勢を崩さなかったのが、かねてから“圧力”を受けていたフジテレビとテレビ朝日だ。

「実は編成部から解説やコメントを控えるように通達があり、その後も『ひと番組につき、取り上げるのは一度きり、コメントなし』という条件が課せられたのです」(フジ情報番組関係者)
驚くことに「報道ステーション」(テレ朝系)では17日以降、一度もこの問題を取り上げていない。

元SMAPの3人がジャニーズを退所してから次々と消滅していったレギュラー番組。 同誌ではジャニーズから直接的な要求はなかったものの、遠回しな追求があったと明かす民放関係者の証言をいくつか掲載している。

17年11月に香取は香取はフジの「ボクらの時代」に出演。すると番組の関係者はジャニーズ事務所のA氏という男性社員に「フジテレビさんはそういう考えなのですね」と詰め寄られたという。 A氏はかつて嵐のチーフマネージャーだった人物で、主にテレビ局との交渉やキャスティングを担当。ジュリー副社長の右腕とされており、陰では『ジャニーズの門番』と呼ばれている。

ある局の幹部は、A氏から元SMAPの三人を取り上げた番組や尺の長さをリストにしたものを提示され、「なぜこうなったのですか?」と追及されたこともあったという。

「新しい地図の3人を起用すれば担当者は『どっちなんですか?』と問われる。フジの『おじゃMAP!!』が継続している間も担当者はAから『いつまで続けるつもり?』と詰め寄られたそうです。決して『終わらせろ』とは言わないし、リストも見せるだけで持ち帰り、証拠を残さない」(同前)

▼A氏の件についてジャニーズは「弊社従業員が、ご指摘のような行為を行なった事実はございません」と否定。また、フジ、日テレ、テレ朝も圧力を否定しています。 公取委は引き続き調査を続ける方針だという。


←前   次→

この記事について一言

#22 匿名@芸能ニュース 19/7/27 12:15 iPhone
所属問題だったら元々スマが売れてないからってジャニーズ出版の所属にさせられてたな。最低な待遇だった。

#23 匿名@芸能ニュース 19/7/27 17:56 (KHTML,
バーカ。金寄越せってキムタクの親が言ったからわざわざ所属移して金もっともらえるようにしたんだよ。経済位勉強したら

#24 匿名@芸能ニュース 19/7/27 18:03 Firefox/68
てか、キムタクの親騒いだ時既に売れてたしな。新規はこれだから

#25 匿名@芸能ニュース 19/7/27 19:42 iPhone
公取委に睨まれたジャニーズは終わりの始まり

#26 匿名@芸能ニュース 19/7/30 00:56 iPhone
見なくないからテレビから消えてくれて良かった

次へ >
戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理