元キャンディーズ・伊藤蘭、41年ぶりステージ 水谷豊、趣里、ミキも見守る




1970年代に一世を風靡した伝説の3人組アイドルグループ「キャンディーズ」の元メンバーで女優の伊藤蘭(写真=64)が11日、東京・文京区の東京ドームシティホールで、初のソロコンサートを行った。

★78年4月4日に行われた後楽園球場の解散コンサート「普通の女の子に戻りたい!」の名言は今なお語り継がれている。復帰の東京ドームシティホールは後楽園球場の跡地にあたる。

伊藤は「今日は緊張をしております。私の歌にあまり集中しないでおおらかな気持ちで楽しんで」と、ジョーク交じりのあいさつで約2500人のファンに呼び掛けた。歌唱は5月29日に発売されたばかりのアルバム収録曲が中心。だが、後半に入るとキャンディーズ時代のヒット曲で会場のボルテージが最高潮に達した。

キャンディーズ時代の「その気にさせないで」「ハートのエースが出てこない」「年下の男の子」を連続歌唱。大ヒット曲「春一番」では、コーラス隊とおなじみの振り付けも披露したが「1人で歌うのは寂しい。違和感というか、両隣に(メンバーが)いてほしいという思いはありますね」と本音を漏らす一幕も。

会場には夫で俳優の水谷豊写真=66)、一人娘で女優の趣里(しゅり=28)、キャンディーズの「ミキ」こと旧姓・藤村美樹(写真=63)さんも駆けつけ見守った。

紅白歌合戦出場への期待も高まるが、これには「1ミリも考えていない」と苦笑いだった。コンサートは、あす12日も同所で、14日には大阪・NHK大阪ホールで開催される。


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 19/6/12 12:32 CA003
  なぜ今更?

#2 匿名@芸能ニュース 19/6/12 17:13 iPhone
普通の女の子に戻りたい!…は日比谷野音な。

#3 匿名@芸能ニュース 19/6/12 22:55 iPhone
↑爺さん現る↑

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理