バレーボール元日本代表・大友愛さん、長男の心臓病を初告白「健康であることがどれだけ幸せなことか」




元女子バレーボール日本代表の大友愛さん(写真=37)が、10日放送の日テレ系「人生が変わる1分間の深イイ話」にVTR出演し、4人の子どもへの思いを語った。

★紆余曲折のバレーボール人生を歩んできた大友さんは、離婚してシングルマザーとして長女を育てながら、ロンドン五輪では銅メダルを獲得。現在は、柔道世界選手権73キロ級王者・秋本啓之さん(写真=33)と再婚し、4人のママとして奮闘中。

にぎやかな一家を支える一方で、長男・心之介くん(写真=4)が心臓病だったことをテレビ初告白した。

心之介くんは「完全大血管転位症」という心臓の大きな血管2本が左右反対になってしまう病気(先天性の病で発症率は0・05%)で、死に至る危険もあったという。

「出産してすぐ、心之介は抱っこできないかもしれないと言われた。チアノーゼですぐに息が止まってしまうかもしれないと言われた」と回想。生後7日目に左右の血管を付け替える大手術を受けた。

「抱っこもできないので触るだけ、見るだけだった。何も食べられないで痩せていく姿をみたら、(自分も)ご飯を食べられなかった」といい、当時、大友さんは1か月で17キロも痩せてしまったという。

夫の秋本氏は自らも不安を抱える中、妻を支え、息抜きに外出するなどして励ました。その後、心之介くんは順調に回復。現在も半年に1度検査を受けているものの、元気に走り回る様子が紹介された。

大友さんは「健康であることがどれだけ幸せなことか」。家中を子どもたちが走り回る騒がしい毎日にも「うちすごいうるさいじゃないですか? やかましすぎてイラっとすることもあるんですけど、それでいいって思っています」と家族を見守るママの顔で語った。


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 19/6/11 11:45 AppleWebKi
こういうデカい女とのセックスした事ないが、おれはチビだからシックスナインは難しそうだな

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理