“プロ炎上家”の上西小百合「全然炎上するような案件じゃない」ホリエモン「佐藤浩市がひどいに決まってんだろ」




「空母いぶき」の原作が連載中の漫画雑誌「ビッグコミック」5月25日号(10日発売)に掲載されたインタビュー記事で、俳優の佐藤浩市写真=58)は「最初は(首相役を)絶対やりたくないと思いました(笑)。いわゆる体制側の立場を演じることに対する違和感が、まだ僕らの世代の役者には残ってるんですね」。

★そして「彼(演じた首相)はストレスに弱くて、すぐにお腹を下してしまうっていう設定にしてもらった」などと話していた。これがネット上で、難病の潰瘍性大腸炎を患っているとして知られる安倍晋三首相(64)を「揶揄している」と非難され、一方では「騒いでいる揶揄は微塵も感じない」という声も出るなど、賛否両論があがり続けている。

“場外バトル”は安倍首相擁護派の高須克弥院長(74)など多岐にわたる。「三流役者が、えらそうに!!」とツイッターで佐藤を斬った作家の百田尚樹氏(63)は「実在の政治家をパロディーにすることは映画でよくあること。映画を観ない内から批判するのはルール違反」とするフォロワーに、「映画の内容を批判なんかしていない。映画を観ないと言ったんや。観る・観ないは、私の勝手やろ」と返答。

実業家の堀江貴文氏(46)はネットニュースをツイッターに貼り付けた上で「これはひどいな」とコメント。フォロワーから「佐藤浩市がひどい?批判する人がひどい?」と質問が寄せられると、「ほんと多くの人は文脈読めないんだよなー。佐藤浩市がひどいに決まってんだろ。。」と返答した。

一方、佐藤浩市擁護派のラサール石井(63)、「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔(38)や、ぜんじろう(51)ら“炎上経験”のある芸能人も参戦。爆笑問題・太田光(54)はラジオで「安倍さんも迷惑だろうね、あんなバカな連中が自分の味方だって言うと、安倍もバカだって思われちゃうから」と話した。

漫画家の小林よしのり氏(65)は佐藤を「男である」と称賛。「わしは佐藤浩市を『三流役者』とは思わない。権力に対する批判精神を持っているのは立派なことだ。権力に追従する人間と、権力と戦う人間なら、権力と戦う人間の方が上質だと思っている」と持論を展開。

また“プロ炎上家”で元衆院議員のタレント・上西小百合氏(36)も「佐藤浩市さんが言った『体制側の立場を演じることに対する抵抗感』っていうのは多分演劇関係者の方なら“そういう考え方の人もいるよね”ってストンと理解できると思う。インタビュー見ても全然炎上するような案件じゃないから小学館や配給会社が『コメントしようがない』って静観しているのも当たり前」とつぶやいた。

百田氏を巡っては安倍首相が愛読書として紹介した「日本国紀」について、同著をツイッターで批判したことで「幻冬舎から刊行予定だった文庫本を出せなくなった」と作家の津原泰水(54)が訴える騒動に発展している。

ネット上では「寄ってくる援軍がヒドすぎて佐藤が可哀想に見えてくる」との指摘もある。騒動を横目に映画は堅調で、配給のキノフィルムズは「前売り券も以前と変わらず好調に推移しています」としている。


←前   次→

この記事について一言

#6 匿名@芸能ニュース 19/5/16 23:54 AppleWebKi
ストレスに弱く、すぐにお腹を下すっていう設定にしてもらっただけで叩かれる意味が分からない。別にバカにしてる訳ではないと思うし…。

#7 匿名@芸能ニュース 19/5/17 08:36 AppleWebKi
現首相の病気を馬鹿にしてるように見えたからでしょ

#8 匿名@芸能ニュース 19/5/17 09:06 N09A3
なるほど、首相の病気を馬鹿にする→政権を馬鹿にしてるってこじ付けてる人がいるって事か

#9 匿名@芸能ニュース 19/5/17 18:29 (KHTML,
そんなに怒ること?元々外野がくっだらな。安倍さんが言うならまだしも

#10 匿名@芸能ニュース 19/5/17 18:30 (KHTML,
安倍さんがここで寛容な態度見せて佐藤浩市擁護になれば、支持率めっちゃ上昇するのに 笑

次へ >
戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理