須藤理彩、亡き夫の闘病生活振り返り看護師に感謝「道しるべを示してくれた」




女優の須藤理彩(42)が15日、東京・神田駿河台の日大病院で行われた第9回「忘れられない看護エピソード」の朗読会に出席した。

★16年に脳腫瘍で死去した夫でロックユニット、BOOM BOOM SATELLITESの川島道行さん(写真=享年47)の闘病生活を振り返り「主人が入院した時、2か月後にライブが迫っていた。開頭手術をしたんですが、ギターを持ってリハビリしなきゃという感じで気持ちばかりが焦っていた。(その時の看護師が)『立ち上がる所から始めましょうか』と道しるべを示してくれた」と感謝した。

「看護の日(5月12日)」のPR大使として「今日は泣かずに読み切りたいと思う。(いつもは)グッと来てしまって詰まっちゃうんですけど、読み上げることが務めだと思います」とあいさつ。

こみ上げてくる感情と涙をこらえ、看護職部門の最優秀賞「部屋の模様替え合戦」(岐阜・後藤史保子さん)、一般部門の同「お母さん」(山形・藤本清美さん)の2作品を朗読した。大役をこなし「冷静にお伝えできたんじゃないかと思います」とホッと胸をなで下ろした。


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 19/5/16 09:52 iPhone
ノーコメント

#2 匿名@芸能ニュース 19/5/16 16:55 CA003
看護士はまさに「白衣の天使」  入院経験者なら皆そう思うだろ?

#3 匿名@芸能ニュース 19/5/17 04:23 iPhone
須藤さん綺麗

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理