渡辺えり、独え〜ん会「孤独」4月離婚発表後初の公の場




熱愛、離婚とプライベートでのうわさが絶えない“アラ還”女優、大竹しのぶ(61)、渡辺えり(64)、キムラ緑子(57)が14日、大阪市内のホテルで、大阪松竹座公演「三婆」(5月31日〜6月27日)の取材会を行い自由奔放に放談した。

★16年に東京・新橋演舞場で上演された喜劇は有吉佐和子の同名小説が原作。昭和30年代、金融業者の夫を亡くした妻(大竹)の本宅に、夫の妹(渡辺)と愛人(キムラ)が転がり込んで始まる奇妙な同居生活を描く。

渡辺は4月に13歳下の俳優、土屋良太(写真=51)との離婚を発表後、初の公の場。

自身の役について「60歳まで働いたこともない処女の小姑。体が弱くて、お兄さんに『過激な運動をすると死ぬ』と言われてたから結婚すると死ぬ、セックスすると死ぬと思い込んでる」と説明した上で、近況を聞かれるとそこからスパーク。

離婚して独り身になったことで「ものすごく(役作りに)役に立ちますよ。今、ほんっとに孤独ですから。十二分に活用させていただきます。もう、おタキそのものです」と、実生活を生かしての役作りだと自虐的にまくし立てた。

老後について質問が飛ぶとさらにエキサイト。「(故郷の)山形の介護施設に(将来的な自身の入居も)予約しておこうと思ってますよ。親が2人とも認知症。私も80歳くらいで認知症になるのかな。毎月、山形へ(両親に)会いに行くと、つくづく不安です。人間、1人で死ぬんだなと思うもん。施設では介護士さんが相手。本当によくしてくれていても、やっぱり自由がない。すごく深刻です」。

離婚後、27歳下の俳優との不倫が一部で報じられたが「演劇につぎ込んで貯金もない。これから月20万ずつ貯金したい。子供もいませんから。猫は飼ってますけど、猫は手伝ってくれませんし」と独り身を強調。渡辺のエンドレスなボヤきに呆れた大竹は「はい、次の質問」と遮断し、笑いを誘った。


←前   次→

この記事について一言

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM