“神童”だった田中圭が俳優になった理由「大学受験から逃げたかった」




俳優の田中圭(写真=34)が14日放送の日テレ系「波瀾爆笑」に出演し、少年時代のエピソードを明かした。

★東京都江東区で生まれ育った田中は、幼稚園の時からバイオリンや野球、バスケットボール、水泳など様々な習い事をしていたという。当時のあだ名は“神童”だったと明かした。

田中は「下町だったこともあって、いろんな大人たちの会に呼ばれて行ったりして、ほかの小っちゃい子がきゃーきゃー騒いでいるときにずっと端っこで小説読んでて…」と、かなり大人びた子供だったという。

小学校時代は成績優秀で、東大を目指し毎日8時間勉強。母親の勧めで塾にも通うが、今じゃ考えられない超スパルタ塾だったそうで、「例えばちょっとコクッとか(居眠りをしてしまうと、塾の講師が)座っている生徒の上に、かかと落としをズコーンって」と告白。

また、宿題を忘れた際に親を言い訳にごまかそうとすると、倉庫に連れ込まれて平手打ちを食らわせることもあったという。

その後、中高一貫で偏差値76の進学校(渋谷幕張)に進学した田中だったが、高校卒業後は進学せず俳優に。その理由について田中は「僕は俳優業を言い訳に大学受験から逃げたかったんです」とぶっちゃけた。続けて「みんなが目指す大学がすごいところなので、東大ぐらいのね。やっぱりどう考えても無理」と苦悩を語っていた。(スポーツ報知など)

また、日テレ系「行列のできる法律相談所」にも番宣で原田知世(51)と登場。「おっさんずラブ」の大ヒット以降、「脱ぐ仕事が多くなりました」とスタジオの笑いを誘った。

番組では「田中が最も惚れた人」を紹介。「おっさん―」で共演した俳優の吉田鋼太郎(写真=60)をあげ、2人で初めて飲みに行った時の話を披露。吉田が「俺には凄く好きなものがある。それに勝るものはないんだ」と語り掛けてきたといい、田中は絶対に「芝居なんだな」と思ったが、吉田は「おっぱいだよ」とまさかの回答。60歳でも真剣におっぱいについて熱く語る姿が最高だったと語った。


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 19/4/15 08:37 iPhone
おっぱい写真の下のやつ何だよ!気持ちわりーな!管理人にやられたわ!

#2 匿名@芸能ニュース 19/4/15 15:20 CA003
神童はしんどい

#3 匿名@芸能ニュース 19/4/15 18:01 iPhone
家柄が良かったり裕福な家庭の子は、思春期になると今までの反動でちょっとヤンチャになったりする。そこでとことん駄目になるか冷静になるかで分かれる

#4 匿名@芸能ニュース 19/4/15 19:50 (KHTML,
なぜ女性化乳房を画像として貼るのでしょうね。

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理