石野卓球、瀧被告逮捕後初の公の場も相方へコメントなし




音楽ユニット「電気グルーヴ」の石野卓球(51)が13日、静岡県で行われた野外音楽イベント「GO OUT JAMBOREE」に出演した。

★相棒のピエール瀧被告(52)が先月12日に逮捕されて以降、国内では初の公の場。当初からソロで出演予定だった卓球に対し、主催者側から報道各社に向け、事前にこの日の取材は受けないことが伝えられていた。

会場を訪れたファンによると、他の出演者の時よりも多くの係員が撮影禁止を呼びかけるなど“厳戒態勢”の中、卓球はDJブースの中でファンを指さしてあおるなどゴキゲン。 酒やたばこをたしなみながら約1時間半パフォーマンスし、瀧被告の地元である静岡の夜を盛り上げたが、瀧被告については一言も発しなかったという。

卓球は17日に新宿LOFTでソロ公演を開催。また、相方の不祥事を受けてユニットとしては出演中止になっていたフェス2公演にソロで出演することが決まっている。


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 19/4/14 15:07 (KHTML,
こいつは口を開くべきではないな

#2 匿名@芸能ニュース 19/4/14 16:44 iPhone
コメントなしは正解

#3 匿名@芸能ニュース 19/4/14 17:37 (KHTML,
ツイッターでしか発言できないストレス

#4 匿名@芸能ニュース 19/4/17 23:08 (KHTML,
テクノバカ

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理