窪田正孝、舞台公演中に右足を負傷 12日は車いすに乗って熱演




俳優の窪田正孝(30)が、11日に行われた大阪・森ノ宮ピロティホールの舞台「唐版 風の又三郎」(13日まで)で右膝半月板を損傷したことが分かった。

★窪田が負傷したのは11日の公演のラストシーンで、激しい動きの中で右膝半月板を損傷。そのまま痛みに耐えて最後までステージに立ち、終演後に病院へ直行したという。翌12日は演出プランを変更し、窪田は車いすに乗って熱演。カーテンコールでは涙を流し、感謝の思いを伝えようと何度か立ち上がろうとする姿に泣き出す女性ファンもいた。舞台後は4月8日スタートのフジ“月9”「ラジエーションハウス」の撮影が控えているが、窪田の所属事務所は「病院の診断結果、けがの程度を見ながら決めていくことになります」と話した。


←前   次→

この記事について一言

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM