霜降り明星・粗品、史上初の「M−1」「R−1」の2冠達成




ピン芸人日本一決定戦「R−1グランプリ2019」が10日行われ、昨年の「M−1グランプリ」を制したお笑いコンビ、霜降り明星の粗品(写真=26)が優勝を飾り、史上初の「M−1」「R−1」の2冠を達成した。

★コンビではツッコミ担当の粗品はフリップにボケさせて自分がツッコむというピン芸人の王道スタイルで勝ち上がると、ファイナルステージでもフリップネタで臨み、爆笑を誘った。相方せいや(写真=26)は準決勝で敗退。賞金500万はせいやとは分けないとし「それはせいやも嫌だと思う」と笑った。霜降り明星は現在、大阪を拠点に活動しているが、優勝決定後の会見では、東京進出について「します」と明言した。
★粗品は、アマチュアだった高校時代からR−1予選に出場し、11年には準決勝に進出。12年には「オールザッツ漫才」で史上最年少V。プロになってからも13〜17年までR−1準決勝に進出し、昨年初めてR−1決勝進出を果たした。その勢いに乗って12月の「M−1グランプリ2018」で日本一。史上初のグランプリ二冠となった。


←前   次→

この記事について一言

#6 匿名@芸能ニュース 19/3/11 11:02 AppleWebKi
ちんぽ

#7 匿名@芸能ニュース 19/3/12 09:06 iPhone
ユーチューブで見たけど、クスリとも笑えなかった。別にこの人に悪いイメージは無かったけども、あれで優勝はないわ。

#8 匿名@芸能ニュース 19/3/12 10:55 (KHTML,
ほんと、粗品嫌いじゃないけどあれで決勝行ったことすら疑問。やはりやらせとしか思えない

#9 匿名@芸能ニュース 19/3/12 12:21 iPhone
粗品どうこうよりも全体的につまらなかった。

#10 匿名@芸能ニュース 19/3/13 02:08 (KHTML,
粗品はバランスよくウケたんだよ。それが勝因。

次へ >
戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理