ピース又吉、神隠しテーマの脚本映画が公開「今は綾部が消えてしまった」




芥川賞作家のピース・又吉直樹(38)が23日、原作・脚本監修を務めた映画「凜−りん−」の公開記念舞台あいさつを都内で行った。

★07年に舞台のために執筆した脚本がベースで、神隠しをテーマにしたミステリー。 11年前の舞台では相方の綾部祐二(41)と出演したが、「まだ神隠しが続いているんです。今は綾部が消えてしまった」と、最近めっきり話題を聞かなくなった米ニューヨーク留学中の相方をネタに笑いを取った。出演は佐野勇斗(20)、須賀健太(24)ら。


←前   次→

この記事について一言

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM