柴咲コウ 映画撮影は「猫セラピーを受けている感じ」




女優の柴咲コウ(37)が8日、東京・日本橋三越本店で行われた映画「ねことじいちゃん」(2月22日公開)の写真展レセプションに登場した。

★「ねことじいちゃん」は、同名の人気コミックを映画化。妻に先立たれ、ねこと暮らす老人(立川志の輔=64)が家族や友人に支えられながら人生の選択をしていく姿をほのぼのと描く。動物写真家・岩合光昭氏(68)の初監督作で、柴咲は小さな島の美人カフェオーナーを演じている。
★大の猫好きとあり「タイトルにねこと入っているだけでふたつ返事だった。しかも岩合さんの初監督ということで、絶対に出たかった」と柴咲。撮影の合間には待機しているねこたちのトイレを掃除するなど“裏方”としても奮闘。「ずっとセラピーを受けている気分でした。ねこがかわいくて、どのカットを見てもねこが登場している作品も珍しい。ねこが生き生き、伸び伸び過ごしていて、人間の生活の豊かさも描かれた素敵な作品になりました」と笑顔で話した。


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 19/1/10 03:08 (KHTML,
岩合しゃん大好き♪猫歩きみて毎回寝落ちするくらい癒し!

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理