大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」初回視聴率、00年以降でワースト2位




6日に放送されたNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」(日8)の初回平均視聴率が15・5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことが分かった。

★前作「西郷どん」の初回平均15・4%を上回ったものの、2000年以降では2番目に低かった。「いだてん」は、日本人が初めて五輪に出場した明治の終わりから、東京に五輪がやってきた1964年まで、およそ半世紀を描くオリジナルストーリー。テーマは「“東京”と“オリンピック”」で、大河ドラマで近現代史を取り上げるのは、1986年の「いのち」以来33年ぶり。中村勘九郎(37)が日本で初めて五輪に参加したマラソン選手の金栗四三(かなくりしそう)を、阿部サダヲ(48)が「東京オリンピック」実現に執念を燃やす政治記者・田畑政治を演じ“リレー”形式で主演のバトンをつなぐ。


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 19/1/8 12:08 (KHTML,
何故か見る気が起こらないんだよなぁ。

#2 匿名@芸能ニュース 19/1/8 12:26 AppleWebKi
たしかに観る気になれなかった

#3 匿名@芸能ニュース 19/1/8 17:36 CA003
NHK役員の高額な退職金は低所得者から脅し取った受信料から支払われています。 NHKは番組制作会社に経費節減を求め自らの高額な給与・退職金には手を付けません。 

#4 匿名@芸能ニュース 19/1/9 01:48 AppleWebKi
あまロスには良い

#5 匿名@芸能ニュース 19/1/9 04:02 iPhone
中村勘九郎………

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理