卒業発表の指原 早くも“営業”堺正章に「番組アシスタントにしてもらえませんか?」




HKT48からの卒業を発表した指原莉乃写真=26)が16日、東京ドームシティホールで行われた「第8回AKB48紅白対抗歌合戦」に出演した。

★「意外とすっきりしている」と一夜明けた心境を明かしたが、12年のソロデビュー曲「それでも好きだよ」をともにデュエットしたHKTの田島芽瑠写真=18)が号泣すると、感極まって涙目に。司会の堺正章(72)から「どんな気持ちで歌った?」と聞かれ、「みんなが泣いていたので、泣いちゃいました」。田島は「もう寂しくて、悲しくて」と言うと、「私、きょう辞めるの?」と指原ならではのツッコミも。
★来年4月28日に横浜スタジアムで卒業コンサートを開く指原は「平成の終わりとともにアイドルを辞めます」と改めて2000人のファンに報告。堺から卒業後の活動について聞かれると、「どうしたらいいですかね? 何かの番組のアシスタントにしてもらえませんか!?」と売り込み“指原節”で笑わせた。唯一の心配事は自分が抜けた後のHKT。人気メンバーの宮脇咲良(20)と矢吹奈子(17)が今後、日韓合同グループ「IZ*ONE(アイズワン)」の活動に専念するため、改めてステージ上でHKTメンバーに「細い体でぶっとい柱を作っていってほしい」と思いを伝えた。


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 18/12/17 16:08 iPhone
この時間で誰もコメントなし(笑)

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理