遠野なぎこ、パニック障害の体験談つづる 1人で乗る新幹線は「言葉にならない程の恐怖」




女優でタレントの遠野なぎこ写真=39)が2日、ブログを更新。自身も治療中である「パニック障害の体験と対処法」を伝えた。芸能界ではキンプリの岩橋玄樹写真=21)、セクゾの松島聡写真=21)が相次いでパニック障害を公表し、活動休止を発表している。

★遠野は、初めてパニック障害を発症したのは、三十代になって少し経ってからだった、と記憶をたどり、現在も、薬をバッグに常備するなどして、症状が起こった時に対応できるようにしていることを明かしつつ、「私自身、“パニック障害”への一番の特効薬は周囲の方々からの理解なのだと感じています。パニック障害の“ツラさ”“恐怖心”は、当然ながら当人にしか分かり得ません。極論、それでいいと思うんです。病への理解よりも、必要なのは“個人への理解”。“個人”の抱えているもの、“個人”が求めているものが何なのかを把握してもらえていれば… それだけで当人は救われます」と私見を述べた。
★自身の場合、飛行機などの乗り物に乗ったり、閉鎖された空間にいなければならない時、マネジャーが一緒なら「万が一の時は言うから背中をさすって欲しい。“絶対に死なない”と言って欲しい」と事前に伝えておくのだという。1人で新幹線に乗らなければならない場合は「言葉にならない程の恐怖心です」としつつ、発作が起きても乗務員や乗客が助けてくれるだろうと言い聞かせながら不安を取り除いているとし「一人で抱え込めば抱え込む程、病への恐怖心は増しますから。“少しだけ人頼み”…それ位の心の緩さを覚えてから、私自身は楽になりました」と伝えた。


←前   次→

この記事について一言

#4 匿名@芸能ニュース 18/12/3 12:26 AppleWebKi
この人ぶっとんでるイメージあるけど、色々大変なんだね

#5 匿名@芸能ニュース 18/12/3 12:30 iPhone
私も鬱とパニック併発した。目に見えない病気は理解も共感も得られない。だけど、末期癌を患った主治医から、目に見えない心の病気を抱えてるあなたの方が癌の私より辛いはず。と言われて救われたと同時にやりきれなくて泣き崩れた。

#6 匿名@芸能ニュース 18/12/3 13:26 iPhone
精神障害の認知度が低すぎな現状は変わらないのかな??

#7 匿名@芸能ニュース 18/12/3 13:27 iPhone
もっと世の中に認知と理解が広がってほしい

#8 匿名@芸能ニュース 18/12/3 18:35 PC
パニック障害は家で昼寝しててもなる。いきなり心臓バクバクで「こりゃ死ぬな」と思うが、心臓を調べても「異常なし」と医師に言われた。ネットで「体が見えない恐怖に反応してるだけだから死なない」とわかり、症状が出てもやりすごせるようになった。ただ自動車で高速道路、トンネル、橋、高架橋すら怖くなり薬を飲んでいても遠出は未だにできない。医者は挑戦しろというw

次へ >
戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理