佐々木蔵之介「ナマケモノのように1日を過ごしたい」結婚予定なし?




俳優の佐々木蔵之介(50)が20日、東京・千代田区の神楽座でナレーションを務めた英ドキュメンタリー映画「アース:アメイジング・デイ」(30日公開)記念イベントに出席した

★英BBCが製作し、様々な動物の1日の生態をとらえ、08年にヒットした「アース」の第2弾。自然ドキュメンタリーのナビゲートには定評のある佐々木だが、「10年前の第1作を劇場で見たときも感動したが、今回は見たことのないアングルの連続。脚本があるような展開で10年分の蓄積を感じた」と感慨深げ。「冒頭にヘビから懸命に逃げるイグアナのシーンがあるんですが、イグアナのことをこんなにいとおしく思ったのは初めて。いつの間にかイグアナに心を寄せてナレーションを入れていた」と振り返った。
★動物好きの子役、早坂ひらら(7)とナマケモノも登壇。佐々木は「日本にきている時点で働き者ですよねー。見てみたい。働いていますよねー、何時間くらいのフライトだったんでしょうか」と笑わせた。副題の「驚きの1日」に掛けて、1日をどの動物のように過ごしたいか聞かれると「長い距離を移動してエサを探し、何万羽の中から自分の妻や子どもを捜し出すようなペンギンみたいな過ごし方は僕には無理。やっぱりナマケモノのように暮らしたい」と“独身最後のとりで”といわれる人気俳優は改めて当分結婚がないことを匂わせた。


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 18/11/26 06:52 (KHTML,
ラクダだから人間の女とは結婚しないだろ

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理