【夕刊】「ニュースに弱い」日本テレビ、ついに月間三冠王から陥落




18年10月の月間全日視聴率(関東世帯、6時〜24時)でテレビ朝日が単独トップとなり、日本テレビが13年12月以来続けてきた全日帯、ゴールデン帯(19〜22時)、プライム帯(19〜23時)のすべてでの視聴率トップを意味する「三冠王」の記録がついに途切れた。

★「今年の春くらいから、そろそろヤバいかもしれないという雰囲気はありました」と話すのは、同局関係者。

「好調だった『ZIP!』と『スッキリ』ですが、世間の話題の中心が台風や地震、大きな事件や事故などニュース寄りになると、他局に視聴率で負ける傾向は以前からありました。それが、日本大学アメフト部の反則タックル問題と、それに続くパワハラ問題が大きな関心を集めたころから、視聴者はそのときだけ他局の番組を見るという一時的な傾向ではなく、最初からよそを見るようになってしまった」

『ZIP!』と『スッキリ』はそれぞれ同時間帯で視聴率1位にいた時期もあったが、現在は『グッドモーニング』(テレ朝系)や『めざましテレビ』(フジ系)、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレ朝系)や『とくダネ!』(フジ系)に次ぐ3位の位置が定着しつつある。1位や2位との違いとして、関係者の間でも指摘されていたのが、「ニュースに弱い」ことだ。

「『ZIP!』や『スッキリ』の場合、芸能ニュースや身近なネタを丁寧に伝えるのは得意だけれど、何か事件や事故、天災が発生したとき、とたんに内容が薄くなる。(中略)積極的に現地取材へ行って独自の特集を組む他局と比べると物足りないから、なんとなく新情報が欲しくてザッピングしている視聴者が離れてしまう」(前出の関係者)

かつては、事件や事故などのニュース取材のために、日テレでもワイドショー独自の取材チームを複数つくっていた。しかし現在では事実上、阿部祐二レポーターのチームだけになってしまったという。

10月の月間三冠王からは陥落したものの、ゴールデン帯はテレ朝と同率の11.7%、プライム帯は単独トップの11.4%を記録したので、二冠王は続いている。 両局のつばぜり合いはしばらく続きそうだ。(女性セブン)


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 18/11/6 17:14 (KHTML,
テレビはみないけど昼の恵の番組でニュースはテレ朝のイメージがついた

#2 匿名@芸能ニュース 18/11/7 08:01 iPhone
とりあえずジャニーズ入れとこ

#3 匿名@芸能ニュース 18/11/10 01:05 wv)
ジップとか内容が下らないんだよ。学生向きのイメージ。

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理