AKB柏木由紀、癒やし系女流棋士役で5年ぶり連ドラ主演




AKB48の柏木由紀(27)が、12月4日放送のTBS系連続ドラマ「この恋はツミなのか!?」(MBSは12月2日スタート)で主演することが3日、分かった。俳優・伊藤健太郎(21)とのダブル主演。柏木は同ドラマのオープニング曲も担当する。

★同作は「ビッグコミックスペリオール」(小学館)に連載された鳥島灰人氏による同名漫画が原作。 プロの将棋界を舞台に、女流棋士・多恵(柏木)と、恋愛経験なし、コミュニケーション能力なし、生きがいなしという年下の童貞サラリーマン・大河(伊藤健太郎)の格差恋愛を描く。

5年ぶりの連ドラ主演となる柏木は「勝負に挑むかっこいい姿と、普段の少し抜けた天然な姿のギャップが大きいので、ぜひそこを楽しんでいただければと思います」とコメント。

ドラマ初主演となる伊藤は「うれしいです。大河はコミュ障(コミュニケーション障害)気味でクセが強いのですが、成長していく姿が面白く、応援したくなるキャラクター。セリフ量が膨大なので、毎日必死に臨んでいます。今までにないくらいたくさんのチャレンジ。将棋、勉強します」と意気込みを語った。


←前   次→

この記事について一言

#4 匿名@芸能ニュース 18/11/4 11:32 AppleWebKi
いま何故ゆきりん?

#5 匿名@芸能ニュース 18/11/4 13:22 iPhone
ゴリ押し無理

#6 匿名@芸能ニュース 18/11/4 14:08 AppleWebKi
おっぱい以外どうでもいい女

#7 匿名@芸能ニュース 18/11/4 15:17 AppleWebKi
ありがとう文春!

#8 匿名@芸能ニュース 18/11/5 13:00 W61SH
手越祐也

次へ >
戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理