三田佳子、次男保釈後初の公の場 意味深発言「清濁併せ呑んで人生つくられる」




女優の三田佳子(77)が11日、京都の世界文化遺産・西本願寺で開催されたアンバサダーを務める「京都国際映画祭」のオープニングセレモニーに登場した。

★4度目の覚せい剤取締法違反(使用)で起訴された次男・高橋裕也被告(写真=38)の保釈後初の公の場。着物姿で登壇した三田は「清濁併せ呑んで人生というのは作られていくんだと、私は身をもってつくづく思うんです」と、次男の逮捕を念頭に置いたとみられる意味深長な言葉も飛び出した。あいさつを終え、降壇する際には「祐也さんに一言」「お会いしましたか?」などの質問が飛んだが、やや歩みを緩め、報道陣に片手をあげて会釈し、無言で退場した。裕也被告が覚醒剤を巡って逮捕されるのは4度目。三田は「親としては、もう力及ばずの心境です」などとするコメントを文書で発表していた。
▼清濁併せ呑む(せいだくあわせのむ/善人でも悪人でも、来る者はすべて受け入れる度量の大きさを表すたとえ)


←前   次→

この記事について一言

#5 匿名@芸能ニュース 18/10/12 12:53 iPhone
ハゲきもい

#6 匿名@芸能ニュース 18/10/12 16:59 iPhone
上島に似てる

#7 匿名@芸能ニュース 18/10/12 18:58 AppleWebKi
このハゲ〜、ワル序章〜

#8 匿名@芸能ニュース 18/10/12 22:43 CA003
三田の対応は適切 しかし遅すぎた 初逮捕の時は仕方ないとして、2回目逮捕時に今回の対応していれば深みにはまらなかった しかし三田若いなぁ 相変わらず美しい 

#9 匿名@芸能ニュース 18/10/13 01:16 AppleWebKi
出てくんなババア!

次へ >
戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理