タイのプラユット暫定首相、AKB48を招き再選アピールか「恋チュン」ではペンライトも




AKB48の茂木忍(21)、中西智代梨(23)、佐々木優佳里(23)らメンバー6人が13日、タイの首都バンコクの首相府を表敬訪問し、軍事クーデターを主導したプラユット暫定首相(写真=64)と面会した。

★暫定首相は終始ご機嫌な様子で、タイと日本の長年にわたる友好関係を強調。メンバーらに「タイのことを日本や他の国のファンにPRしてほしい」と要請した。メンバーから好きなタイ料理を聞かれると、「トムヤムクンやパパイアサラダ。日本料理も好き」と応じた。暫定首相からのリクエストで、BNK48によるタイ語版が現地で社会現象を巻き起こしている、代表曲「恋するフォーチュンクッキー」を披露。首相や政府高官らはペンライトを振るなどして友好ムードを盛り上げた。
★14年5月のクーデターで政権トップの座に就いた軍出身のプラユット暫定首相は、民政移管に向けた総選挙を暫定的に来年2月24日に実施する方針を示しており、親軍政党を結集して再選を果たしたい考えとみられている。AKBメンバーは11〜13日にかけ、タイで人気の3番組の収録に参加。タイ最大の日系情報誌「Weekly Magazine WiSE」など多数の現地メディアの取材も受けた。 


←前   次→

この記事について一言

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM