キムタク「頼りがいある後輩」、ニノ「『木村拓哉』という男と同じ作品を作りたかった」




元SMAPで俳優、木村拓哉(45)と嵐の二宮和也(35)が6日、東京都内で行われた初共演映画「検察側の罪人」(24日公開)完成披露試写会後の舞台あいさつに出席した。

★2大スターが、ホール左右の扉から分かれて登場すると、場内は「キャー!!」と割れんばかりの大歓声。中央で対面した2人はがっちり握手し、笑顔でハグをする姿に4000人が沸いた。木村は今月4、5日に西日本豪雨の被災地となった広島・呉、岡山・倉敷を訪れ炊き出しなどを行った。「昨日、一昨日は食料などを手渡してきましたが、今日はこの作品を皆さんに手渡しできる、皆さんのものになる瞬間に立ち会えることをうれしく思う」とあいさつし、温かい拍手を送られた。
★雫井脩介氏の同名小説が原作。主人公のエリート検事・最上を木村、その下に配属された若手検事・沖野を二宮が演じている。とある殺人事件を捜査していく過程で2人はぶつかり合い、それぞれの「正義」を貫いていく。 木村は二宮について「胸を張って言えるのは、一緒に仕事をしてこれほど信頼できる共演者は珍しい。頼りがいのある後輩です」とべた褒め。二宮は照れながら、「平成という時代をスタイルを変えずにトップを走ってきた『木村拓哉』という男と一度同じ作品を作りたいと。それが平成の終わるギリギリで滑り込めた。その上、言葉までいただけて感謝…僕っていい人生ですよね」と感慨深げ。「先輩と一緒にこのステージに立てるのは本当に貴重。みんな、写真撮りたいでしょ。僕が一番撮りたいんだよ」とご機嫌だった。この日はほかに吉高由里子(30)、大倉孝二(44)、音尾琢真(42)、八嶋智人(47)、芦名星(34)が登壇した。


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 18/8/7 09:40 iPhone
このニノってとっつぁん坊やの魅力がサッパリわからん

#2 匿名@芸能ニュース 18/8/7 09:56 iPhone
さすがニノは口が上手いな

#3 匿名@芸能ニュース 18/8/7 19:26 AppleWebKi
白々しい

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理