【夕刊】タイ洞窟の少年救出劇、映画化に向け救助前から争奪戦




タイ北部の洞窟からのサッカー少年救出劇を受け、米プロデューサーらが映画化に向けて水面下で争奪戦が起こっているという。(週刊女性)

★一連の救出劇ではダイバー1人が亡くなるという二次災害も起きたが、12人の少年らとコーチの男性は無事生還。

現場には少年らの家族も駆けつけ、世界中のメディアとともに連日救助の様子を見守っていたのだが…現場には目的が違う人々が詰めかけるようになってきたという。

「それはハリウッドの映画関係者達たちです。今回、非常に稀なのは少年たちの集団だったことで第二の『スタンド・バイ・ミー』のような、冒険モノになると息巻いているんですよ。
子どもの多さ、そしてメインに死者がいない。ドキュメントとして作品にしたいと、タイの映画関係者とともに来ているんです。(中略)
救助が始まる前から少年の両親に声をかけまくり、独占契約を迫っているんです。原作出版権と、映画の話がメインで、テレビの出演権までもセットにしているようです。何社もブローカーがいて、オプションや金額を釣り上げ、奪い合いになっているようです」(報道関係者)

▼2010年にはチリの鉱山労働者33名が約70日間、地下に閉じ込められことがあった。その5年後には『THE 33』(邦題『チリ33人 希望の軌跡』)という映画になっているだけに、今回の救助劇も、映画化される可能性は大きい。


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 18/7/12 17:31 iPhone
くだらねー

#2 匿名@芸能ニュース 18/7/12 17:35 SBM303SH
金のなる木?

#3 匿名@芸能ニュース 18/7/12 18:45 AppleWebKi
そんなに感動する話でもないよね

#4 匿名@芸能ニュース 18/7/12 20:12 AppleWebKi
無神経だなぁ

#5 匿名@芸能ニュース 18/7/12 20:23 N01G
ダイバーさん亡くなっているのに…

< 前へ
戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理