18年上半期、話題の人は山口達也氏 Google検索ランク発表




検索サイトのGoogleは10日、2018年上半期の急上昇ランキングを発表した。1位は「ワールドカップ」2位は「オリンピック」と、今年行われた2大スポーツイベントが上位を占めた。

★また急上昇ランキングの「話題の人」部門では、ジャニーズ事務所を退所した山口達也氏(写真=46)が1位。2位には急逝した俳優の大杉漣さん(写真=享年66)が上がった。

日本中がくぎ付けになったスポーツイベントの他には社会問題となった「漫画村」「コインチェック」などもランクイン。未だに問題がテレビなどで取り上げられる「日大アメフト」も6位となった。

★女子高生に無理やりキスをするなどして、強制わいせつ容疑で書類送検(のち起訴猶予)された山口氏。

被害者は山口氏が司会を務めていたNHK・Eテレ「Rの法則」の出演者だが、この事件を “特ダネ” と最初に報じたのは、ほかでもないNHKだった。

スクープを摑んだ報道局社会部の記者2人にNHKから「編集主幹特賞」(5月14日付)が授与されている

表彰状には「国民的人気グループのメンバーが起こした事件は、新聞・通信社や民放各社が一斉に後追いで報道したほか、事件を伝えたNEWS WEBのネットでの閲覧数が1000万を超えて過去最高となるなど、社会に大きな反響を呼んだ」と記された。

NHK記者は「最初は冗談かと思いました。事件はNHKの番組が発端なのに、スクープとして表彰するなんてありえません」と回顧。「正直、このネタを表彰することに対して『マッチポンプだよね』と社会部内で話題になりました」。

「報道局と『Rの法則』の制作局は違う部署とはいえ、外部の人が見たら、はたしてどう思うか」(別のNHK記者)と指摘した。(週刊FLASHより)


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 18/7/11 09:39 iPhone
相変わらずイラネッチケーだな

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理