人気特撮ドラマ「マッハバロン」俳優の下塚誠さん死去 64歳 長男・恭平「疎遠でしたが、憧れの存在でした」




1974年の人気特撮ドラマ「スーパーロボット マッハバロン」などで知られる俳優の下塚誠(写真=本名:一二=かつじ)さんが7日に死去したことが分かった。64歳だった。

★所属事務所によれば、15年秋に咽頭がんを発症し、手術したものの、翌年、肺に転移。下塚さんは16年に末期の肺がんを患っていることを告白していた。

長男で俳優の下塚恭平(写真=38)も8日、自身のツイッターで「昨日、私の父、俳優の下塚誠ががんを患って、死去しました」と報告。「父とは、会えば口げんかばかりしていて、ずっと疎遠でしたが、憧れの存在であり、私が俳優になる上で多大な影響を与えてくれた存在です。ずっと反対され続けてましたけどね。何一つ期待に応えられなくて、ごめんなさい。安らかにお眠りください」とつづった。


←前   次→

この記事について一言

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM