白濱亜嵐が最近切なかったこと「すぐに抜かれちゃって…」




7人組ダンス&ボーカルユニット「GENERATIONS」の白濱亜嵐(写真=24)、片寄涼太(写真=23)、小森隼(写真=23)が1日、東京都内で、オムニバス映画「ウタモノガタリ」の公開記念あいさつに登場した。

★白濱は6編の中で、グループとして歌う主題歌「何もかもがせつない」を映像化した「アエイオウ」(安藤桃子監督)に主演。作品への手応えを明かす一方で、主題歌のタイトルにちなみ、最近切なかったことについて、白濱はメンバーの関口メンディー(写真=27)の話題に触れた。関口は6月6日の巨人―楽天戦の始球式で133キロをマークしたが、同27日に西武―オリックス戦で始球式したゴールデンボンバーの樽美酒研二写真=37)が135キロを投じて“芸能人最速”を更新した。「すぐに抜かれちゃって…。せっかく頑張って野球教室に通って準備していたのに」と関口を思いやった。一方、主演・白濱、ボーカル・片寄との登壇に小森は、「この並びは『なんでお前なんだ感』が…。メンバーがやって、僕らの曲で誇らしいけど、僕は限りなく(客席の)皆さんと同じ立場」と笑わせた。片寄からは「今の小森の存在、何もかもがせつない」とダメ押しされていた。


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 18/7/2 09:40 AppleWebKi
不倫男が調子乗るな

#2 匿名@芸能ニュース 18/7/2 16:32 SonySO-04E
何度か見ためざましテレビでコメンテーターみたいなのしてて違和感しかなかった。素人以下

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理