【夕刊】フジ月9「コンフィデンスマンJP」、最終回は8.9%




11日に放送された女優・長澤まさみ(31)主演のフジ「月9」ドラマ「コンフィデンスマンJP」の最終回の平均視聴率が9・2%だったことが12日、分かった。

★全10話の平均視聴率は8・9%。 同ドラマは『リーガルハイ』(フジ系)などの古沢良太氏が脚本を担当したオリジナル作品。 視聴者からは高評価が相次いでいたが、視聴率は1度も2ケタに届かなかった。これでフジ月9は昨年10月期の『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?』から3作連続で視聴率2ケタを超えていないことになる。

同ドラマは最終回を迎えたが、6月4日の第9話放送直後に映画化が発表されている。映画が“予想外の大ヒット”を記録してファンを驚かせることになるのか? 期待しながら公開を待ちたい。

▼ちなみに次クールの“月9”は上戸彩(32)の人気刑事ドラマ「絶対零度」のシリーズ第3弾「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」(主演は沢村一樹)です。


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 18/6/12 19:47 AppleWebKi
面白かった!

#2 匿名@芸能ニュース 18/6/12 23:51 iPhone
つまらなかった

< 前へ
戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理