池田エライザ“事故物件”薦められ「機会があれば」と笑い止まらず




モデルで女優の池田エライザ(22)が11日、東京・ニッショーホールで行われた主演映画「ルームロンダリング」(7月7日公開、片桐健滋監督)の完成披露試写会に登場した。

★いわく付きの物件を転々とし、自殺や殺人などが起きた部屋をクリーンな空き部屋へと浄化する“ルームロンダリング”を生業とする八雲御子の姿を描く。御子を池田、御子の叔父・悟郎をオダギリジョー(42)、御子の引っ越し先の元住人で幽霊の公比古を渋川清彦(43)、御子の隣人・亜樹人を健太郎(20)が演じた。映画にちなみ、消し去りたいことを「邪念」と答えた池田は「これから自分が想像できない環境になって、いろんな何かに目がくらみそうになったときはクリアでいたいなという意味も込めて」と説明。イベント終盤には、事故物件5件に住み、今も実際に住んでいる“事故物件住みます芸人”松原タニシ(写真=36)が登場し、事故物件に住むおすすめポイントを紹介。これを聞いた池田は「事故物件じゃなくても、楽しい生活を送っているんで… 機会があれば住めたら」とツボったのか笑いが止まらなかった。


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 18/6/12 10:06 iPhone
超格安ならなんとか…

#2 匿名@芸能ニュース 18/6/12 10:33 iPhone
綺麗な人だね

#3 匿名@芸能ニュース 18/6/12 11:13 iPhone
窓をあけて墓地が見えるとこより、火葬場の煙突の見える場所はいやだ 洗濯物に肉を焼いた匂いがつきそうで

#4 匿名@芸能ニュース 18/6/12 15:45 AppleWebKi
焼き肉はよくて人肉はダメだなんて差別よっ!

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理