デヴィ夫人“紀州のドン・ファン”不審死「驚きも驚き。あり得ない」




4000人の美女を抱き“紀州のドン・ファン”と呼ばれた不動産関連会社社長の野崎幸助氏(写真=享年77)が亡くなり、遺体から大量の覚せい剤の成分が検出された問題で、野崎氏と親交の深かったタレントのデヴィ夫人写真=78)が3日、TBS系「サンデー・ジャポン」にVTR出演。“不審死”について「驚きも驚き。あり得ない」と首をひねった。

★和歌山県田辺市で金融業などを営んでいた野崎氏は、富豪として知られ、今年2月、55歳年下のモデル(写真=22)と結婚したばかり。5月24日の夜10時ごろ、自宅2階の寝室の椅子の上で亡くなっていたが、結婚したばかりの妻が発見した時、野崎氏は全裸だったという。自宅が荒らされた形跡や外傷もなかった。頻繁に連絡を取っていたというデヴィ夫人は「亡くなった一報を頂いた時に、ショックですよ。『えっ』て」と、絶句したことを明かした。「非常に健康を気にしていらっしゃる。タバコも吸わない。毎日、(愛犬の)イブちゃんとお散歩もしていた。そんな方の身体から覚せい剤が大量に発見されるなんて。あり得ない」とした。そして、新婚の野崎夫人の一面について「2月6日、私の誕生日パーティーにおふたりでお見えになって3人で写真を撮ったんですね。その時に彼女が彼を押しのけて、『あなたは入らないで。(デヴィ)夫人とふたりだけで写真とらせて』とすごく邪険にされたんですよ」と意味深に語った。また、和歌山・田辺市内の神社で申し込まれていた結婚式がキャンセルになったこと、愛犬のイブちゃんが亡くなったことで野崎氏が落胆していたことも伝えられた。デヴィ夫人は「(愛犬の)立派なお葬式を出してあげたいから、(南紀)白浜まで来て頂きたい」と、案内も受けていたという。野崎氏を巡っては、デヴィ夫人も求婚された過去があり「最初から『結婚しましょう』と言われましたけど。冗談だと思いました。まさかね」と、笑い飛ばしていた。


←前   次→

この記事について一言

#9 匿名@芸能ニュース 18/6/4 14:50 AppleWebKi
犬も本人も年齢を考えたら自然に逝くのを待つほうが利口だよね

#10 匿名@芸能ニュース 18/6/4 18:08 iPhone
せいぜい寿命は残り10年だったろうが、財産目当てで結婚したが、あまりの絶倫爺だけに耐えられない日々で殺害したっぽい。金は一切もらえず、寿命の10年以上は塀の中だw

#11 匿名@芸能ニュース 18/6/4 18:52 AppleWebKi
いやそんなコトより、整形しすぎで鼻の穴がズレてるぞwマイケルみたいに顔面崩壊したくなけりゃ、金かけて細かくメンテしろよババアwww

#12 匿名@芸能ニュース 18/6/4 19:07 SBM303SH
この野崎って人、猪瀬さん似てるような(笑)

#13 匿名@芸能ニュース 18/6/4 19:58 iPhone
解剖しなければ腹上死(実際は行為後に死ぬ場合が多い)で自然死になると踏んだんだろうね 嫁が異常に若いだけで「遺産目相手か」と不審がられて解剖確定なのに

次へ >
戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理