しんのすけ声優の矢島晶子が27年目で降板「声を保ち続ける事が難しくなった」7月からの後任は調整中




テレビ朝日は1日、同局系で放送中の人気アニメ「クレヨンしんちゃん」で野原しんのすけ役を務める声優、矢島晶子(写真=51)が29日の放送を最後に降板すると発表した。同局によると、矢島は1日の放送回まで1043回演じた。

★矢島は92年4月13日の番組放送開始から26年3か月に渡って、野原しんのすけ役を担当。“嵐を呼ぶ5歳児”こと、しんのすけ役を担当した矢島だが、降板理由は「しんのすけの声を保ち続ける事が難しくなった」「キャラクターの声を作る作業に意識が集中し、役としての自然な表現が出来にくくなってしまった」と明かした。長寿アニメ「ドラえもん」の主な声優陣も、放送25周年を迎えたことや高齢化などを理由に05年4月に一新された。SNS上では「ドラえもんも、クレしんも、心の中ではずっとずっと大山(のぶ代)さんと矢島さんで生き続ける」「後任の人は水田わさび(43)さんのように新しいスタイルで定着できるよう頑張ってほしい」などの声が上がっていた。声優の仕事は今後も続ける。ほかのおもな出演作は「新機動戦記ガンダムW」リリーナ・ピースクラフト役、「ふたりはプリキュア」ミップル役など多数。


←前   次→

この記事について一言

#5 匿名@芸能ニュース 18/6/2 13:51 AppleWebKi
水田わさび ドラえもん いまだに納得いかない自分がいる

#6 匿名@芸能ニュース 18/6/2 15:08 AppleWebKi
そうそう、だからルパンと同じくそっくりさん戦法でやってもらわないと。悟空はアイデンティティーがいてるから大丈夫。

#7 匿名@芸能ニュース 18/6/2 16:45 K006
まぁ、平野綾だろうな…。

#8 匿名@芸能ニュース 18/6/2 22:24 AppleWebKi
確かにドラちゃんはやっぱりのぶ代じゃないとね

#9 匿名@芸能ニュース 18/6/3 19:36 AppleWebKi
ドラちゃん もうキャラ自体が変わっちゃってるもん

次へ >
戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理