DAIGO&広瀬アリス「ミッション:インポッシブル」で日本語版声優 タレント起用は初




歌手でタレントのDAIGO(40)と女優の広瀬アリス(23)が、米映画「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」(8月3日公開)の日本語版で吹き替えを務めることになった。

★トム・クルーズ(55)の生身の超絶スタントが毎回話題を呼ぶアクションシリーズの第6弾。日本語吹き替え版のタレント起用はシリーズ史上初めてで、新たに登場する2人のキャラクターにフォーカスするため、配給サイドが「テレビ番組などを通じて前向きに挑戦する姿勢が『ミッション:インポッシブル』スピリットを感じる」と抜てきした理由を説明。DAIGOは、主人公のライバルのCIAエージェント(ヘンリー・カヴィル)の声を担当。同時核爆発を未然に防ぐミッションに挑む主人公の前に立ちはだかり、ファイトシーンも見どころの一つ。DAIGOは「ライバルを演じられるなんて最高です! 納得の行くまでしっかりやりたいと思います!」と意気込み。広瀬は美貌でターゲットを翻ろうする美しすぎる女暗殺者(ヴァネッサ・カービー)役。物語の鍵を握り、主人公の敵か味方か分からない謎めいた役どころで、ナイフを駆使した華麗な暗殺術を披露する場面もあり、広瀬は「カッコよく女性らしく演じたいです」と抱負を語った。


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 18/5/14 08:57 wv)
あーあ

#2 匿名@芸能ニュース 18/5/14 09:24 iPhone
それはないわ

#3 匿名@芸能ニュース 18/5/14 09:38 AppleWebKi
映画を作り上げたキャストとスタッフの努力を台無しにするっていう自覚はあるのかな?

< 前へ
戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理