千眼美子、改名して初の映画作品「一生忘れられない」




宗教法人「幸福の科学」に出家し、清水富美加から改名した千眼美子(23)と俳優・大川宏洋(29)が12日、都内で映画「さらば青春、されど青春。」(赤羽博監督)の初日舞台あいさつに登壇した。

★映画は昭和50年代の東京が舞台の青春ラブストーリー。千眼は大川宏洋(29)演じる、まじめで実直なサラリーマン中道真一の恋人を演じており、「救世主」としての自分の使命に気づいていく主人公の姿を、寄り添って見つめていく役どころ。 千眼は「公開初日、晴れてよかった。千眼美子になって初めての作品。私にとって一生忘れられない大事な作品」などと再出発の思いを交えてあいさつ。 主題歌も歌っており、「伸びしろというか、頑張った部分を褒めたいです」と自画自賛した。


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 18/5/13 10:30 AppleWebKi
ニュースにする価値あるの?

#2 匿名@芸能ニュース 18/5/13 11:02 AppleWebKi
うさんくさそう

< 前へ
戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理