NMB市川美織、涙の卒業公演…最後はダンボールに詰められ出荷




「フレッシュレモンになりたいの」で知られるNMB48の市川美織(24)が1日、大阪・NMB48劇場で卒業公演を行った。

★13年から兼任を経てNMB48へ移籍した市川は、公演ラストで「長い間、私の存在を許してくれて、ありがとう」とあいさつ。2010年にAKB48入りし「フレッシュレモンになりたいの〜」の謎フレーズで人気となったが「だんだん後退し『レモン捨てた方がいい』と言われ、握手会の列がなくなって…」と苦しかった時代を思い出し涙する場面も。 しかし、14年に完全移籍したNMB48で「皆さんが『レモンババア』とイジってくれて、どん底から救われました。アイドル生活を笑って終われます」とメンバーに感謝。 卒業後も芸能活動は続ける市川だが、「アイドルじゃなくなって給料もきっと下がると思うし、苦しい生活を余儀なくされる」と心境を吐露。最後は段ボールに詰められ、出荷される形でステージを去った。


←前   次→

この記事について一言

#4 匿名@芸能ニュース 18/5/2 12:02 PC
小林よしのり涙目だなw

#5 匿名@芸能ニュース 18/5/2 13:43 iPhone
潔い

#6 匿名@芸能ニュース 18/5/2 18:00 iPhone
結局一般受けはしなかったねこの人

#7 匿名@芸能ニュース 18/5/2 21:07 AppleWebKi
出荷ワロタw

#8 匿名@芸能ニュース 18/5/3 15:05 CA003
出荷に使ったダンボールを競売にかけて最後に一儲け 

次へ >
戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理