【夕刊】長澤まさみ主演の月9ドラマは放送前から映画化が決まっていた!?




女優・長澤まさみ(30)が11年ぶりに月9主演を務め、9日に初回が放送された『コンフィデンスマンJP』(フジ系)に、早くも映画化の話が出ている。(女性自身)

★同誌によると、4月1日に同ドラマの打ち上げが行われた。放送開始より1週間以上も前に打ち上げしたことについてドラマ関係者が次のように明かす。「実はドラマスケジュールが前倒しになっていて、すでにすべての撮影が終了しているんです。クランクインは昨年11月で、3月26日にオールアップでした。だから放送開始日よりも先に打ち上げを行うという“異変”が起きたのです」
★この“異変”には理由がもう1つあった。じつはこのドラマ、すでに映画化が決定しているというのだ。「映画の撮影はドラマ放送中の6月からで、来年の公開を予定。海外で撮影を行うことも決まっています。長澤さんにとって、主演ドラマの映画化は初めてのケース。彼女も『いまは女優として試されているときなので頑張りたいです!』と意気込んでいますね」(同前) 打ち上げの最後には、「あとは映画に向けてまた頑張ります!」と力強く宣言していたという長澤。早めの打ち上げは映画に向けての“決起集会”でもあったようだ。


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 18/4/12 19:38 iPhone
ふじだから!仕方ない。

#2 匿名@芸能ニュース 18/4/12 21:17 iPhone
見たけど月9っぽくなくて良かった

#3 匿名@芸能ニュース 18/4/13 10:01 AppleWebKi
映画化!だから映画っぽい印象を受けたのか。

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理