ひふみん、念願の声優初挑戦で“巨大コンピューター役”「まさか実現するとは」




将棋の加藤一二三(ひふみ=78)九段が、29日放送のフジテレビ系アニメ「レイトン ミステリー探偵社〜カトリーのナゾトキファイル〜」(日曜午前8時30分〜)の第4話で声優に初挑戦していることが分かった。以前からの「何か新しいことをするのであれば、アニメーションの声優をしたい」という念願が叶った。

★アニメは考古学者・レイトン教授の娘の少女探偵・カトリーがロンドンで起こる不思議な事件に謎解きで挑んでいく物語。ひふみんは、カトリーの助手・ノアの学校にある、会話もできるほど高性能な巨大コンピューター役。大英博物館からダイヤモンド「女神の微笑み」が盗まれ、カトリーが巨大コンピューターと犯人の意外な関係を紐解いていく。2月下旬にアフレコ収録に臨んだひふみんは、見事な集中力で「機械的な声のパターンをお願いします」「感情を入れたパターンもお願いします」という監督の指示にも即時に対応。憧れだった声優体験に「まさか実現するとはまったく思っておりませんでした。今回それが実現しまして、やはり非常にうれしいです。本当に親切に収録をしていただきまして、監督からも細かい指示をいただき、収録は非常に楽しかったです」とすっかり満足した様子で、声優の“初対局”を終え「将棋の対局の前日に負けると思ったことは一回もない。将棋の対局と声優の挑戦は共通している思います」と自信満々だった。


←前   次→

この記事について一言


戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM